2010年10月31日

ラウンジ有馬記念〜第142回天皇賞(秋) 秋天の思い出。


 季節外れの台風14号がやって来て天皇賞(秋)は重馬場でおこな
われる。多分。
 金曜日の天気予報では日曜日にそれが関東地方に大雨をもたらす、
みたいなものだったので、それを考えれば最悪の天候は免れたのだ
けど、馬場の巧拙が結果を大きく左右することになるのかもしれな
い。

 大雨の中の天皇賞(秋)といえば、まだ3200mで覇を競ってい
た79年を思い出す。
 もうドロドロの不良馬場で1番人気はサクラショウリとメジロイ
ーグルが分け合い(最終的にはどっちだったかな)、休み明けのクラ
ウンピラードが馬場適性と秋天2着の実績で伏兵以上の支持を受け
ていた。
 *馬場の酷さはこのレースとハーバーシャレードの80京成杯、
ハワイアンイメージの80皐月賞あたりが私のキャリアで3本の指
に入るかな。
 結果は3着以下を大きく引き離した郷原洋行スリージャイアンツ
と横山富雄(ノリのオヤジさん)メジロファントムの壮絶な叩き合い
の末、スリージャイアンツに凱歌があがった。
 また、3着に突っ込んできたのは1コーナーで大きく離されドン
ジリを走っていたアサヒダイオー。クラスメイトとレースを見なが
ら、彼のそのポジショニングを大笑いしていただけに"ヘぇー"とメ
チャクチャ驚いた思い出深いレースでもある。
 不良馬では思わぬ追い込みが効いた入りするのかもしれない。
85毎日王冠のゴールドウェイも凄かったし。
 確かこの時のクラウンピラードの手綱をとっていたのは佐々木晶
三 現調教師ではなかったか。
 クラウンピラードは重馬場得意という触れこみ、今回佐々木晶三
師が手掛けるアーネストリーはその逆、という対比は個人的に面白
い。
 あ、いや、オヤジの私がいにしえの競馬話しばかりをしてはいか
んな。もう30年以上も前の話しだ。

 もしも、そうした競馬観戦の積み重ねから何らかの繋がりを見い
だすとしたならば。
 不良馬場で強い馬が強い勝ち方をした例は、85JC:シンボリ
ルドルフ、98安田記念:タイキシャトル、01弥生賞:アグネス
タキオン。
 ブエナビスタが先に挙げた馬達と同格の強い馬だと信じるのなら
ば、素直に彼女から買うべきだろう。
 歴史は究極に強い馬に"馬場状態は関係ない"ことを示しているか
らだ。
 もっともそこまで馬場が悪くなるとも思えないが・・。
 
 今は日曜の朝8時。私の住む品川区では雨が上がっている。
 今回に限ってはレースが行なわれる時の馬場状態で買う馬券を変
えたい気分。トラックバイアスは重要な予想ファクターになる。
 とはいうものの。一応これは(てんで当らない)予想文。
 天皇賞(秋)までに当日の芝レースは6つ行なわれる。普通に考え
れば重馬場は避けられないだろう。 
 究極にまで至らない重馬場という想定で予想してみる。

 狙いたいのはブエナビスタの2着づけ馬券である。
 彼女が最もその力量を示せるのはこの府中コースだと思うし、
2000mの距離適性も申し分ない。
 が、牡馬混合G1で勝ちきれないのは性別からくる性なのか。
 徐々に好位抜け出しにシフトしてきた彼女であるが、思うにそ
れでは勝ちきれないのではないか。
 彼女の武器は末脚のキレで、やはり好位からだとそれは鈍る。
 というか、前につけてゴーサインが出たとき一気に相手との差
を広げられていない。抜け出すと少し気を抜くタイプなのかもし
れない。
 個人的意見としては、前で勝てないのだからスタイルを元に戻
して勝負すべきだと思う。
 常に人気を背負う馬だし、どういう競馬をしてもしっかりと脚
を伸ばす堅実さがあるので、今さら後方待機という選択はし難い
だろう。けれども、どこかで大きな賭けをしない限り、牡馬混合
G1戦での勝利は難しいような気がする。
 ダイワスカーレットは逃げて最後までそのスピードを持続する
馬。ウオッカはマックスパフォーマンスの鮮やかさを見せる馬。
 のちに語られるだろう2000年代後半の競馬界で突出した力
を見せた牝馬の系譜で、ブエナビスタは末脚の破壊力で牡馬を負
かしたと言われるべきだ。バラエティに富んだ牝馬の個性がター
フを席巻していたと。
 ブエナビスタがただの一度もウオッカと同じレースに出ていな
いという事実は、本当にもったいない。凱旋門賞挑戦を断念した
あとの矛先は秋華賞賞ではなく天皇賞(秋)だったと今も思うね。

 という脚質再転換はあくまでもファンの勝手な机上の空論。
 今回ブエナビスタの手綱を取るCスミヨンが彼女の本質をどう
捉えどういう戦法を取るのか。そこに興味がある。
 勝ちきらせる外国人一流ジョッキーのその手腕に、陣営が最後
の望みを託した感もする。そういった意味でも、良馬場でやらせ
たかった。

 ◎アーネストリー
 ○ブエナビスタ
 ▲ジャガーメイル
 △シンゲン
 △アクシオン
 ★オウケンサクラ

 それでもブエナビスタは2着という予想。
 本命は前々でレースを進められるアーネストリーとした。
重馬場をこなせるかが鍵だが、こなせれば脚質的に一番有利だ。
 ただ彼が絶対だとは思わない。抜け出すときの力強さが、個人
的にもうひとつ物足りない。金鯱賞<札幌記念と感じたゆえの
相対的な本命馬。金鯱賞の走りが気に入らなかったので宝塚記念
は軽く扱った。それからどれだけ力をつけたか。

 馬券は3連単を買うつもりなのだが、2着固定で1、3着は
手広く流したいという考え。
 1着にはブエナビスタ以外に印をいれた5頭。
 ここを勝ちきるには前走でしっかりと力を見せた馬(アーネス
トリー、シンゲン)、今年の天皇賞(春)馬:ジャガーメイルの鉄
砲実績、そして、サンデーサイレンス産駒最後の・・、牝馬の
時代の・・でアクシオンとオウケンサクラを。
 流石に勝ちきるにはちょっと思うが、3着なら十分狙えると
考えたのがトウショウシロッコ、ネヴァブション。この2頭を
3着群に加えたい。
 フォーメーション:1着(5頭)−2着(固定)−7(5+2)だ
から、全部で30点になるのかな。


--------------------------------------------------------------

ラウンジ有馬記念:http://onlykiwi.seesaa.net/

 かって渋谷に「有馬記念」という競馬バーがあった。
 2階へと上がる階段にひかれた赤い絨毯が、勝手にこころの
敷居を高く感じさせていた。
 だが。1度思い切って店に入ってしまうと、そこは競馬ファン
にとって至福の場所であった。

 ここは、バー「有馬記念」へのリスペクトから、その名を冠した
競馬予想のページである。

因みにヤマダ電機 LABI渋谷は「有馬記念」の跡地に建っている。

--------------------------------------------------------------
*ラウンジ有馬記念の索引はこちら

  http://onlykiwi.seesaa.net/article/118391997.html


【オモシロイ、オモロナイのボタン】

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
クチコミblogランキング TREview


人気ブログランキングへ


【オモシロイと思われましたらクリック(3段評価)をお願いします】
【オモロナイと思われましたらコメント(自由形式)をお願いします】
【逆パターンでも構いません。勿論、ご感想もお待ちしております】
posted by onlykiwi at 09:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 10JRA競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。