2010年08月31日

WE=HAWKS 10/8/29 はにかみとその他の話し。

 ○ホークス 2-1 マリーンズ at 福岡ヤフー!ジャパンドーム

 M100000000=1
 H00020000x=2

 勝:大隣憲司 3勝8敗
 S:馬原孝浩 4勝0敗28S
 負:ペン   1勝2敗

 HR:−

 1点リードの6回表ノーアウト2塁からホークスは森福允
彦〜摂津正〜ファルケンボーグ〜馬原孝浩と繋ぎ、最少得点
差を逃げ切った。
 ゲームセットの直後、久し振りの勝ち星をおさめた先発:
大隣憲司はベンチで握手をしながらはにかんでいた。
 シーズンを通して丸刈りスタイルのその笑顔はなかなか悪
くないものだった。私はそう感じた。
 
 激しいツバ競り合い(?)を演じるマリーンズとの直接対決
3連戦での勝ち越しは大きい。
 1つ勝ち越したところでゲーム差が絶対のものにはなりは
しないが、残り20数試合で1つ1つ白星を積みあげていく
ことは大切だし、今日のような逆転勝ちは黒を白に変えた分
後々重みが出てくるハズだ。
 また、チームに勢いが出てくる勝ち方でもある。特にここ
でもピンチで登板しキッチリ抑えきった森福允彦の存在は、
優勝へ向けての"ラッキーボーイ、出現!"と捉えることも
できやしないか。
 いや、ここまでくればポジティブに考えるべきで、そうだ
と1人合点することにしたい。

 今日のゲームは東京MXでホークス戦をみながら、PCで
蒲郡モーターボート記念という二元体制。
 週中からそうだったのだけど、慣れぬ長時間通勤で今回の
SGは身を入れて見ることが出来なかった。
 SGでは準優勝戦、優勝戦と予想を書いて舟券を買うサイ
クルを続けてきたが、今回は「ちゃんと見てないから、予想
書けないなぁ」と前者を回避して後者の舟券だけを買うこと
にした。
 結果を言えば、どっちにしても外れは外れだったのだが。

 ナイターSGを制したのはベテラン:今村豊。
 恐らく彼の名は競艇ファンだけの中にはとどまらず、一般
の方でも「ああ、きいたことあるな」とソコソコいるのでは
ないだろうか。それぐらいネームバリューのある選手だ。

 今村豊は昭和36年生まれで今年49歳。私とは4歳違い
である。
 彼が久々のSG勝利をあげ、大観衆の前でインタビューを
受けている時、先に挙げた年齢の近さを感じ、ふいに同世代
なのだと感じてしまった。

 個人的には4つという年齢差はそういった感情を持つのに
は微妙だった。
 私は高校のころまで高校野球を熱心に見ていたものだから、
高校球児からプロで大成した選手で世代を感じてきた。
 例えば私の世代はドラゴンズでなお現役を続ける山本昌世
代である。(←古田世代とか池山世代とか言うこともできる
が、ここはやはり現役に敬意を表したい。また、スター選手
を数多く輩出しているので花の40年組なんて言い方もされ
ていたりする)1つ上が荒木大輔世代で、2つ上が工藤公康
世代。下をみると、2つ下が清原和博、桑田真澄世代。
 因みに今村豊の生年だとドカベン香川、牛島和彦世代。

 自分中心の世代感だから、高校若しくは大学で同じ時を過
ごした年代=同世代と認識してしまうことが多い。
 こうして改まって考え直しても、自分が中学2年生の時の
高校3年生となると、同じ世代という認識はしにくいな。

 だが、今村豊がデビュー間もなく頭角を現していたことは
ギャンブルファンとしては認知していた。
 変なたとえだが、私は彼にトウショウボーイ的なイメージ
を持っていたのだ。キーワードは天才。
 トウショウボーイは昭和50年代初期の競走馬で、競馬界
で天才といえば武豊。
 昭和44年(早)生まれの武豊はデビューの時から見ている
し、今までそうは意識していなかったのだが、実は同世代と
いう感情を持っていたりする。
 先の世代表現をすると武豊は熊本工業の緒方耕一なんかと
同じ歳になる。私より3つ下だ。
 若くして桧舞台で活躍する武豊を、当時若者だった私は
肯定的に同世代として見ていたのだろう。
 もし、当時から競艇も熱心に見ていたら、今村豊に同じ
感情を持てていたのかもしれない。 
 *学生時分に帰省すると、オヤジと一緒に浜名湖競艇に
行っていたりはしていたけど。

 そんな私が今村豊のインタビューを聞いて、同世代と感
じてしまったは、自分がいわゆるオヤジ世代と自覚してい
るからなのだろう。

 今村豊は優勝インタビューをこう締めくくった。

「みなさん、頑張りましょう!」

 今村の問いかける"みなさん"は私の胸をえぐった。
頑張りますよ、今村さん。

 若くしてその世界でトップに立ち、いまなおその座を
維持している今村豊。
 競艇を変えた男。全速ターン。艇界のプリンス。彼には
幾つものキャッチフレーズがある。
 そして、今回の勝利。まさに天才、健在なり。 


-------------------------------------------------------------------
       
Kiwi Station 〜 全力で野球を語るのだ : http://onlykiwi.seesaa.net/

*期待打率:
 その選手が打席に立ったときに<打ってくれるハズ>というファンの
期待と選手個人の潜在能力を おおよその打率に換算したもの。
 大体が実際の打率より高くなるのが常だが、実打率より低くなると
内閣支持率と同じで、ファンが抱く感情だけに、交代の危険水域に
入ってくる。

*予想打率:
 相手チームの打者への警戒感を おおよその打率に換算したもの。
 山場の場面で いい選手になればなるほど、実打率を上回った数字が
弾きだされる。投手心理にも似ている。(ハズである)
 贔屓チームの地区スターが、相手チームのファンにどう評価されて
いるかを計るためにも使える数字である。
ちなみに、今シーズンの本多はこの打率をあげる指定強化選手だ。

*地区スター:
 贔屓のチームが売り出している若手選手のこと。一般的に全国区の
知名度はない。
 稀に知名度のある地区スターは存在するが、予想打率が向上しない
限り、自意識ばかりが高くなってしまい、かえって損をすることが多い。
(ハズである)
全国区球団を自認するチーム(G)に出やすい。
 と思っていたが、原第二次政権での選手起用と実際の彼らの活躍を
見ていると、認識を変えなくてはな。やるね、原監督。

 因みに、私個人の10ホークスの地区スターには岩嵜翔を推したい。

-------------------------------------------------------------------

【オモシロイ、オモロナイのボタン】

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
クチコミblogランキング TREview


人気ブログランキングへ


【オモシロイと思われましたらクリック(3段評価)をお願いします】
【オモロナイと思われましたらコメント(自由形式)をお願いします】
【逆パターンでも構いません。勿論、ご感想もお待ちしております】
【オモシロイ、オモロナイのボタン】
posted by onlykiwi at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 10ホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。