2010年04月29日

WE=HAWKS 10/4/29 アメリカン・マッチ。

 ○ホークス 4-0 イーグルス at 福岡ヤフー!ジャパンドーム

 E000000000=0
 H00020101x=4

 勝:和田毅  4勝2敗
 負:ラズナー 1勝4敗

 HR:松田宣浩 5号(2ラン)

 
 両チーム得点のないまま迎えた4回裏。
 1死1塁の場面で打席に入った松田宣浩は、イーグルス先発の
ラズナーの高目の球を空振りした。
「う〜ん、松田タイミング合ってないなぁ」と、明日が心配なほ
ど前日打ちまくった打線の象徴(松田は2本のHR)に、その予感
が当りつつある感触を得てしまった。

 解説の若菜嘉晴氏は「松田の怖いところは空振りした球をまた
投げられないところなんです。タイミングがまったく合ってなく
ても、その次の同じ球を何の苦もなく打ってしまう。キャッチャ
ー泣かせなんですよ」と言っていた。
 ま、確かにそれが意外性を持つ彼の由縁なのだろう。
 でも、それを怖いとみるかどうかは相手キャッチャー次第だろ
うし、低めに落ちる球とか、打ち気に逸る時の外へ逃げる球は打
てへんやろと自分なんかは考えている。

 ツーストライクと追い込んだあと、イーグルスのキャッチャー
井野卓はラズナーに高目の見せ球(ボール球)を要求した。
 空振りしたのは高目のコース、松田のバットは一閃し打球はグ
ングン伸びてバックスクリーンに飛び込んだ。
 2試合連続の5号先制2ランである。

 解説の若菜氏は続ける。
「空振りした高目の球ですよ。でも、ちょっと中途半端な高さ。
向うのピッチャーは追い込んで高目のボール球を投げるという
ことをしないんですね。だから、大リーグにいった城島が追い込
んで高目、次の勝負球を低めという配球が使えなくて、その前の
に要求した高目が適度な高さに入ってきて打たれてたんです。
松田もアメリカ的なバッティングするでしょう?・・・」

 笑ってしまった。なんでか分からなかったけれど。
 なのでちょっと考えてみた。

 伏線として、アメリカ人は大らかでノーテンキなところがあ
り、チャンスに凡打したあとの松田はその表情を見る限り確か
に落ち込んでいるのだが、その直前の打席での彼には"いい意味
での"大らかさを感じていたりした。
 それをワンフレースで語ってくれた若菜解説。
 なんだ、松田"マッチ"宣浩はアメリカンなんだと一人合点し
たのであった。

 そんな自分の笑いのツボの分析ではなく・・・。

 アメリカ的なバッティング、それは積極的に初球から思いっ
きり振っていくってことなのだろう。
 確かにタイミングが合っていなくてもブンブン振りまわす松
田のスタイルは助っ人外人と似通ったものがある。
 だから、あの高目のつり球に手を出す素地があり、中途半端
な高さのボールがきたのならいい結果を出してしまうのだろう。

 松田のHRが飛び出した時、ベンチ前でウォーミングアップ
のキャッチボールをしていた和田毅は、スタンドインを見とど
けると"ホオッ"と口を開きながら驚きの表情を作り、左でグラ
ブをポンポンと叩いていた。
 これは勝手な想像なのだが、キャッチボールをしながら戦況
をみていてもあの打席の松田が打つとは思っていなかったので
はないだろうか?
 相手バッテリーは松田宣浩に怖さを感じていないのではない
か、という思いは改めなければいけないかなと思った瞬間であ
った。
 その和田は1、2回こそピンチを迎えたがそこからは危なげ
なく6回を3安打零封で後続のSBMに繋いだ。


 昨日の活発な打線での勝利とは一味違った勝ち方であった。
 それは先制2ランのあとの追加点の取り方に現れている。
 6回ツーアウトから松田が死球で出るとすかさず盗塁、相手
の悪送球を誘い3塁まで進むと、長谷川勇也が三遊間への内野
安打で追加点を挙げたのである。
 ファイターズばりな?相手からすると実に嫌な点の取られ方
であったと思う。
 8回の追加点も松田・長谷川コンビ。
 今度はヒットで出塁した松田が盗塁、悪送球で3進、長谷川
がきっちりレフトへ犠牲フライを打ち上げるというもの。
 この2得点は相手エラーを誘って絡め、たった2本のヒット
という抜け目なさ。
 え?6回に山崎勝己のセンター前ヒットで長谷川が本塁で憤
死したのはどうよって。うーん、確かにあれはセーフのタイミ
ングで、井野卓に上手くブロックされてしまった感じであった。
 若菜氏は「あのブロックを弾き飛ばすぐらいでないと」と苦
言を呈していた。
 個人的にはこの時期100点満点である必要はない、と前向
きに考えておきます。
 無論、アウトになった長谷川勇也は反省せねばならないが。

 いづれにせよ、このプラス2の追加点は効いた。
 2−0で迎えた9回表ツーアウト満塁のピンチと4−0のそ
れではホークスサイドの気持ち(余裕)の持ち方がまるで違う。
 逆に抑えの馬原孝浩は出だしの余裕がありすぎだったのかな?
 
 この3連戦は隙のない攻撃をみせたと思う。いいじゃないか。
そして、待ちに待った同一カード3連勝(3タテ)。
 ハタビのビールも旨い!ということになりそうである。


 最後にまるで関係ないことだが、2番手の摂津正が首の後ろ
(左側)にヒップエレキバン チックなテープを貼っていた。
 どうしたんだろう?前から貼っていましたっけ?


-------------------------------------------------------------------
       
Kiwi Station 〜 全力で野球を語るのだ : http://onlykiwi.seesaa.net/

*期待打率:
 その選手が打席に立ったときに<打ってくれるハズ>というファンの
期待と選手個人の潜在能力を おおよその打率に換算したもの。
 大体が実際の打率より高くなるのが常だが、実打率より低くなると
内閣支持率と同じで、ファンが抱く感情だけに、交代の危険水域に
入ってくる。

*予想打率:
 相手チームの打者への警戒感を おおよその打率に換算したもの。
 山場の場面で いい選手になればなるほど、実打率を上回った数字が
弾きだされる。投手心理にも似ている。(ハズである)
 贔屓チームの地区スターが、相手チームのファンにどう評価されて
いるかを計るためにも使える数字である。
ちなみに、今シーズンの本多はこの打率をあげる指定強化選手だ。

*地区スター:
 贔屓のチームが売り出している若手選手のこと。一般的に全国区の
知名度はない。
 稀に知名度のある地区スターは存在するが、予想打率が向上しない
限り、自意識ばかりが高くなってしまい、かえって損をすることが多い。
(ハズである)
全国区球団を自認するチーム(G)に出やすい。
 と思っていたが、原第二次政権での選手起用と実際の彼らの活躍を
見ていると、認識を変えなくてはな。やるね、原監督。

 因みに、私個人の10ホークスの地区スターには岩嵜翔を推したい。

-------------------------------------------------------------------

【オモシロイ、オモロナイのボタン】

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
クチコミblogランキング TREview


人気ブログランキングへ


【オモシロイと思われましたらクリック(3段評価)をお願いします】
【オモロナイと思われましたらコメント(自由形式)をお願いします】
【逆パターンでも構いません。勿論、ご感想もお待ちしております】
【オモシロイ、オモロナイのボタン】
posted by onlykiwi at 16:58| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 10ホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。