2009年09月30日

WE=HAWKS 09/9/30 ベンチが悪いと思います。

 ●ホークス 2-6 イーグルス at クリネックススタジアム宮城

 H000100100=2
 E00006000x=6

 勝:永井怜 12勝7敗
 負:岩嵜翔  0勝1敗

 HR:松田宣浩 8号(ソロ)


 もったいないゲームをしたなぁというのが率直な思いだ。
 私が部屋に戻ってきた時には既にホークスは松田宣浩のソロHR
でリードしており、先発の岩嵜翔も初めて3者凡退に抑えたところ
であった。

 岩嵜翔は高卒2年目の若い投手で、1軍での登板は今年初めてで、
通算2回目。それがともにローテーションの谷間とはいえ、期待さ
れているからこその先発なのだろうと理解していた。
 結局見たのは4、5回の2イニングスだったのだけど、しっかり
とストライクを先行できるというピッチャーという印象で、またそ
の後姿が、斉藤和巳を彷彿とさせるものだった。
 足長ですらっとしてる姿、そして大きな投球フォームあたりにそ
れを感じたのだが、もっと下半身がどっしりして体重が増すことで
より斉藤に似てくるのだろうなと思ったし、久し振りに投げること
そのものを見ることでワクワクさせて貰った。
 たった2イニングスであったけれども。

 ゲームの最初から見ていた方は、あるいは別の印象を持たれるの
かもしれないが。


 結果負け投手になったことはなんら問題ない。
 もし、ここで何かを述べるとしたら、それはベンチがこのゲーム
に関してまったく開き直っていなかったことだろう。

 ファルケンボーク、摂津正(今日はベンチ入りしたとはいうが病
みあがりだ)を欠いた中継ぎ陣で、1−0という最小得点差を守り
きれるとは、とても思えなかった。
 岩嵜に勝たせたかったが、そのためには苦手:永井怜からもう2、
3点は取らなければいけないと私は目算した。
 となれば、イレギュラーヒットから端を発したピンチで1点を許
さないことを優先するよりは(リード場面、同点場面で都合2回も
スクイズを警戒して外した)、岩嵜翔に若さを前面に押し出した投
球を後押しした方がよかったと思うのである。
 ベンチが1点のリードをまだプロ2戦目の投手に対して強いる作
戦を選択してしまったことが残念であった。

 あるいはベンチが2度もスクイズを警戒したのは、いつでもスト
ライクが取れるタイプの岩嵜ゆえだったのかもしれないが。

 想像するに、ベンチは岩嵜翔に"思い切って投げろ"、"結果を気
にするな"、"失うことは何もない"といった類の言葉をかけて送り
出しはずだ。
 思わぬリードにその当初の自らの気持ちを忘れてしまったのだろ
う。そういう心理は分かるのではあるが。

 無論、守備陣がエラーで若い投手の足を引っ張ってしまって面も
ある。(田上秀則の三本間侠殺プレーでの悪投、レフト:オーティ
ズのおそまつな外野手守備。しかし、後者はもとより刷り込み済み
なのでここでは問題にしない)
 しないけれども、個々にこれを次以降のゲームで取り返して欲し
いと思う。

 全て悪き方向に出たがゆえの5回裏に与えてしまったビックイニ
ングであった。

 希望を持ってわかったことは、今日ホークスが繰り出した投手の
中で一番イキが良かったのは"プロの怖さを知らない"岩嵜翔だった
ということだ。
 ファンレベルでは大化けの期待感がヒシヒシと伝わってきた。

 十分合格だったと思う。また、彼にチャンスを与えてやって欲し
い。
 5回、先頭:草野大輔のイレギュラーファースト内野安打のあと、
リンデンに対して外角を攻め追い込んだ後、ズバッと内角の厳しい
球で三振に斬ってとったシーンが上記の象徴的な場面かと思う。

 反面、追い込んだセギノールに対してライトフェンス直撃弾を許
した球は確かに甘かったのだが。
 それは悪い点を責めるより、いい点を誉めるのが定石だろう。


 岩嵜翔の公称サイズが188cm/74kg。斉藤和巳のそれは
192cm/94kg。
 外野雀のお気軽な言であると断った上で。鍛えがい(期待がい)が
ある選手じゃないか!



-------------------------------------------------------------------
       
Kiwi Station 〜 全力で野球を語るのだ : http://onlykiwi.seesaa.net/

*期待打率:
 その選手が打席に立ったときに<打ってくれるハズ>というファンの
期待と選手個人の潜在能力を おおよその打率に換算したもの。
 大体が実際の打率より高くなるのが常だが、実打率より低くなると
内閣支持率と同じで、ファンが抱く感情だけに、交代の危険水域に
入ってくる。

*予想打率:
 相手チームの打者への警戒感を おおよその打率に換算したもの。
 山場の場面で いい選手になればなるほど、実打率を上回った数字が
弾きだされる。投手心理にも似ている。(ハズである)
 贔屓チームの地区スターが、相手チームのファンにどう評価されて
いるかを計るためにも使える数字である。
ちなみに、今シーズンの本多はこの打率をあげる指定強化選手だ。

*地区スター:
 贔屓のチームが売り出している若手選手のこと。一般的に全国区の
知名度はない。
 稀に知名度のある地区スターは存在するが、予想打率が向上しない
限り、自意識ばかりが高くなってしまい、かえって損をすることが多い。
(ハズである)
全国区球団を自認するチーム(G)に出やすい。(と思っている)

-------------------------------------------------------------------

【オモシロイ、オモロナイのボタン】

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
クチコミblogランキング TREview


人気ブログランキングへ


【オモシロイと思われましたらクリック(3段評価)をお願いします】
【オモロナイと思われましたらコメント(自由形式)をお願いします】
【逆パターンでも構いません。勿論、ご感想もお待ちしております】
posted by onlykiwi at 21:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 09ホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。